ボランティアを知る

オリンピック・パラリンピック大会とボランティアの関わり方について理解を深めていただくスペシャルコンテンツ、ボランティアの魅力をお伝えします。

「東京2020大会に向けたボランティア戦略」の策定について

東京2020大会の開催に向けたボランティアの基本的な考え方をまとめた「東京2020大会に向けたボランティア戦略(案)」の公表とともに実施した意見募集に対して、多数の貴重なご意見・ご提言をいただき、誠にありがとうございました。
このたび、東京都と公益財団法人東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会は、いただいたご意見等を踏まえ、「東京2020大会に向けたボランティア戦略」を策定しましたので、お知らせいたします。
今後、いただいたご意見等を参考に、東京2020大会のボランティア募集に向け、取組を進めてまいります。

東京2020大会のボランティアについて

東京2020大会で活躍する都市ボランティアと大会ボランティア、そして、大会を機に東京を訪れる多くの外国のお客様をおもてなしするボランティアの取組を紹介します。

東京2020大会で活躍するボランティア(都と組織委員会が募集する大会関連ボランティア)

都市ボランティア By courtesy of GLA

募集や運営を行うのは誰?
東京都オリンピック・パラリンピック準備局 ※
ボランティアの活動内容は?
国内外の旅行者に対する観光・交通案内及び競技会場の最寄駅周辺における観客への案内などを行います。
どんな場所で活動するの?
空港・主要駅・観光地及び競技会場の最寄駅周辺が活動場所となります。
規模はどれぐらい?
都市ボランティアと大会ボランティアの合計で9万人以上を想定しています。
募集の開始はいつ頃?
一般募集の開始は2018年夏頃を予定しています。
スケジュールや応募要件などの詳細は決まり次第、当サイトでお知らせします。

※ 都市ボランティアについては、競技会場を有する都外自治体それぞれにおいても、設置に向けた検討を行っています。

大会ボランティア ©IOC

募集や運営を行うのは誰?
ボランティアの活動内容は?
観客サービス、競技運営のサポート、メディアのサポートなど、大会運営を支えます。
どんな場所で活動するの?
競技会場や選手村などの大会関係施設が活動場所となります。
規模はどれぐらい?
都市ボランティアと大会ボランティアの合計で9万人以上を想定しています。
募集の開始はいつ頃?
2018年夏頃の予定です。

※ 都市ボランティアについては、競技会場を有する都外自治体それぞれにおいても、設置に向けた検討を行っています。

都市ボランティアに関する今後のスケジュール

2016年から2017年の間は、このWebサイトから情報収集して下さい。また、イベントやシンポジウムに参加してスキルアップして下さい。 2018年から2019年の間に、都市ボランティアの募集が始まります。この期間に応募して下さい。応募後、書類審査や面接などが行われます。 採用後は、トレーニングに参加し、大会に向けてスキルアップして下さい。 2020年は、大会を支えるボランティアとして活動して下さい。大会後は、身につけた経験を日常のボランティア活動に活かして下さい。

2016年から2017年の間は、このWebサイトから情報収集して下さい。また、イベントやシンポジウムに参加してスキルアップして下さい。

2018年から2019年の間に、都市ボランティアの募集が始まります。この期間に応募して下さい。応募後、書類審査や面接などが行われます。

採用後は、トレーニングに参加し、大会に向けてスキルアップして下さい。

2020年は、大会を支えるボランティアとして活動して下さい。大会後は、身につけた経験を日常のボランティア活動に活かして下さい。

外国の方々をおもてなしするボランティアの取組

おもてなし東京
(東京都観光ボランティア)
2020年の都市ボランティアの
中核に
詳しくは、おもてなし東京ページ(GO TOKYOサイト内)

募集や運営を行うのは誰?
東京都産業労働局観光部
ボランティアの活動内容は?
外国人旅行者に多言語での観光案内を行い、東京の魅力を紹介します。
  • 都庁・展望室案内ツアー
  • 都内の人気観光スポットをめぐる10コースの案内
  • 国際会議及びイベント等への派遣
  • 街なか観光案内
応募要件は?
  • 18歳以上
  • 一定の語学力(例:英検2級以上)
  • 1~2ヶ月に1回程度活動が可能であること
など
人数は?
約2,000人
(2016年4月登録予定者数)
⇒ 3,000人(2020年)

外国人おもてなし
語学ボランティア
2020年に向けてスキルを
高めよう
詳しくは、「外国人おもてなし語学ボランティア」育成講座サイト

募集や運営を行うのは誰?
東京都生活文化局都民生活部
ボランティアの活動内容は?
日常生活の中で、困っている外国人を積極的に手助けします。
  • おもてなし講座: 3時間30分を1回
  • 語学講座(英語): 2時間を4回
講座を修了した方が「外国人おもてなし語学ボランティア」として登録されます。
応募要件は?
  • 15歳以上(中学生を除く)
  • 都内在住・在勤・在学
  • 講座に参加が可能なこと
など
人数は?
1,300人
(2015年12月登録者数)
⇒ 35,000人(2019年)

他大会のボランティア

Rio 2016

チケットチェックする大会ボランティア
インフォメーションブースでご案内しているシティ・ホスト

「Rio 2016」の詳細はこちら

London 2012

拡声器で案内をする大会ボランティアの写真 ©IOC
地図の前で道案内をする都市ボランティアの写真 By courtesy of GLA

「London 2012」の詳細はこちら