ボランティア体験記

ボランティア経験者にインタビュー

オリンピックボランティアを経験した市居愛さん(左)と新条正恵さん(右)
市居愛

市居 愛Ai Ichii

シドニー・アテネオリンピック ボランティア

大学院在学中にボランティアとしてシドニーオリンピックに参加。ビーチバレーボールの来場者案内業務に従事。2004年のアテネオリンピックにも参加し、フォトサービス業務、アテネパラリンピックでは会場案内業務を行った。

新条正恵

新条 正恵Masae Shinjo

リオオリンピック ボランティア

海外での生活や外資系企業での業務経験を活かし、英語だけでなく8ヶ国語を習得。現在は社会人向けの語学学習コミュニティを立ち上げ、運営している。オリンピックボランティアは今回のリオが初めて。さくらジャパンやセブンズジャパンなどの通訳業務を担当した。

第2回
ボランティアだから味わえること!

––– オリンピックのボランティアとして味わえた特別な経験はありましたか?

市居 :これは担当する仕事にもよるんですけど、オリンピックの試合を見ることができたんです。私の場合は、シドニーではマネージャーがわざわざ日本チームの試合の時間を休憩にしてくれて、ビーチバレーの試合を見ることができました。アテネでは北島康介選手が金メダルを獲得した瞬間も目撃できました。

新条 :ボランティアは最初にシフトが決められているんですけど、私は休みの日はオリンピックで見に行きたい競技のチケットを買っていました。女子レスリングの吉田沙保里選手の試合がどうしても見たかったんです。あとはマネージャーからボランティア用にチケットがプレゼントされて、チームメートたちと試合を見に行くことができました。

––– 有名な選手に会えたりもするんでしょうか?

市居 :たくさん会えますね(笑)。有名な選手はもちろん、観戦に訪れていた有名人に遭遇することもあります。ちょっとミーハーかもしれませんが、そういう楽しみがあるから仕事も頑張れるというのはありましたね。

新条 :ただ、本当にその競技や選手が好きな場合は、その競技のボランティアはやらないほうがいいかもしれません。ボランティアはあくまでも自分に与えられた仕事をすることが優先になるので、好きな時に見に行けるわけではないので。自分の好きな競技は観客として行ったほうが純粋に楽しめると思いますよ。

オリンピックボランティアについて語る新条さん(左)と市居さん(右)

––– ボランティアはその名の通り無償で働くわけですが、「無償でもやってよかった」と思えるのは、どんなときなのでしょうか?

市居 :お金をもらっていないからこそ、チームとして一つにまとまりやすいんだと思うんです。世界中から、国籍も、仕事も、年齢も、バックグラウンドが違う人達が集まって、大会の成功のために頑張る。そこで生まれる一体感はすごいですし、なかなか味わえないものですね。

新条 :私もボランティアをやると言ったら「どうしてブラジルまで行ってタダで働くの?」と聞かれましたね。今回参加して思ったのは、ボランティアのマネージャーをやっている人は、さまざまな経験を持った人たちばかりなんです。そういう世界トップの人たちと働けるというのも、ボランティアだからできることなのかなと感じました。

––– リオ五輪の大会前は治安の問題などのネガティブな報道も多かったですよね。

新条 :そうですね。だけど、私は海外で暮らしていた経験もあるので、夜に1人で出歩いたり、治安の良くないエリアに入ったりしなければ大丈夫だと思っていました。オリンピックの期間中は警備体制もかなり強化されますし、危険な目に遭うことはありませんでした。

––– そして、今回はお二人にオリンピックの思い出の品を持ってきていただきました。

市居 :AD(アクレディテーション)カードのストラップについているピンバッチは、交換したものです。もともと、ピンバッチの目的は国際交流をするために、話のきっかけのために始まったと聞きました。

新条 :レアなものもあったりするんですよ。何度かボランティアをされている方の中には、ピンバッチを自分で作って持って来ている人もいました。

新条さんがリオで使っていたアクレディテーション

市居 :お仕事で助け合ったら、お礼としてピンバッチを交換するんですね。だからADカードにピンバッチをたくさんつけている人は、ものすごく頑張って役に立っているみたいに見えて、うらやましいなと思ったり(笑)。

––– この市居さんが持っている時計はオリンピック限定なんですか?

ボランティアした人がもらえるスウォッチとその説明をする市居さん

市居 :そうです。時計メーカーのスウォッチさんがオリンピックのスポンサーについていて、ボランティア用の時計がもらえるんです。

新条 :リオでもスウォッチの時計をもらえました。他のデザインのものは普通に売っているんですけど、これはボランティア専用のデザインなので、貴重なんですよ。

––– ボランティア専用のユニフォームもあるんですよね?

リオで使ったボランティアユニフォームを説明する新条さん

新条 :リオのときはポロシャツ、パンツ、ジャンバー、スニーカーなど一式が支給されました。このポロシャツはすごい良かったですね。毎日すごい汗をかくんですけど、ホテル暮らしなので洗濯機がないんです。でも、ポロシャツが高機能素材で洗面台で洗って干しておくだけで、次の日にはちゃんと乾いているんです。

市居 :すごい、進化してる! シドニーのときは普通の綿のポロシャツだったから(笑)。

––– 市居さんにお持ちいただいたのは現地の新聞ですか?

シドニーオリンピックボランティアのリストが掲載された現地新聞を広げる市居さん

市居 :そうです。これはシドニーの新聞で、中にはボランティアの全員の名前が載っているんです。 「47000HEROS」と書いてあって、シドニーオリンピックに参加した47000人がヒーローという意味ですね。オリンピックの期間中にボランティアのパレードがあったんです。

––– すごいですね。ボランティアもオリンピックの主役なんだというのを感じられますね。

「シドニーはボランティアの皆様に感謝します」と書かれた新聞を見せる市居さん

市居 :そうなんですよ。街中をボランティアが練り歩いて、沿道ではこの新聞をみんなが掲げてくれて……。あんな経験はなかなか味わえないですね。

次回、「2020年でおもてなしをするために」に続く