スペシャルインタビュー

ASHIYA(アシヤ)さん

東京在住のロシア人アシヤさん

ASHIYAアシヤ

東京都在住のロシア人。2012年にYouTubeで日本の観光名所やロシア文化、言語などを紹介する動画をアップすると大人気コンテンツに。独特の視点とユーモアのある編集、流暢な日本語を操る姿にはファンも多い。その他、仕事やプライベートで東京都を中心に関東近郊の観光案内をすることも。テレビ番組への出演歴も多数。
YouTube
https://www.youtube.com/user/fujiashiy

第2回
東京2020年大会に向けて必要な心がけ

––– 観光案内をされる際には、主にロシアの方を案内しているのでしょうか? また、一番人気のスポットはどこですか?

そう、ロシア人です。
新宿の高層ビル街が人気ですね。ロシアでもモスクワに最近、高層ビル街ができましたけど、それほど密集しているところは少ないので、皆さん新宿には感動しますね。すごくテンションが上がっていますよ。

––– あとはやはり、渋谷のスクランブル交差点とか?

そうですね、皆さん行きたがります。ロシアにはスクランブルの形が少ないので、どこでも渡れるのはすごいと感じるみたいです。それで、スクランブル交差点は他にもたくさんあることを伝えるとさらに驚かれます。私自身は、渋谷よりも銀座の数寄屋橋のところの方が景色はいいと思います。高速道路や新幹線も近くを通っているし、(東急プラザ銀座の屋上など)上から見られる場所もあって、そこをお勧めしています。

銀座数寄屋橋交差点付近で撮影したアシヤさん
銀座数寄屋橋付近で撮影した1枚 写真提供:ASHIYA

––– 案内していて困ったことはありますか?

変な質問をされることが多いですね。日本の変な部分が大げさに発信されていて、鵜呑みにしている方も多いようです。あとは「電車で人を押し込む仕事があるんだよね。どこで見られるの?」とか(笑)。極端なことが多いので、その都度、正しいことを教えています。

––– では、何か不便に感じることはありますか?

よくゴミ箱が少ないと言われます。ただ、ゴミ箱の場所を知っていれば少ないとは感じないんですけどね。海外の設備に慣れていると、すぐに見つからないこともあります。

たぶん、東京はいろんなことが考えられていて、すごく整備されているので、不便はあまり感じません。ただ、ちょっと気がつくのは電車のこと。行き先案内のモニターがない車両がまだあるので、海外からやって来た人は迷ってしまうかもしれないですね。

––– 都心部は特に利便性が充実しているので、意外と困っている人が少ないのかもしれないですね。

そうですね。ただ、多国語の案内パンフレットはあると助かりますね。
英語、中国語、韓国語がほとんどなので他の言語ももっと増やすことが出来れば喜ばれると思います。
また、観光案内中にWi-Fiについて聞かれることがあるので、使い方を含めたインフォメーションを広げていくともっといいかもしれません。

日本に訪れる観光客について語るアシヤさん

––– 東京都では、東京2020大会に向けて「都市ボランティア」の募集を開始します。空港や都内の主要鉄道駅、観光地などで観光や交通案内をする方々は、どんなことを準備しておくのがいいでしょうか?

オリンピックは英語を話せる人ばかりが訪れる訳ではないと思うので、英語だけではなく、ほかの言語も挨拶程度でも知っておくことが心遣いの一つになると思います。
あとは、場所に応じて必要なことも違うと思いますが、観光案内所や地図がある場所に誘導してあげられたらいいですよね。言葉が通じないこともあると思うので、スマートフォンなどに翻訳アプリを入れておくこともオススメです。会話を認識してくれるので、最低限のコミュニケーションはできますから。

––– アシヤさんは日頃から都市ボランティアに近いような活動をされていますが、東京2020年大会に向けて考えていることもありますか?

もちろん、何か役立つようなことをしたいです。都市ボランティアをはじめとする活動自体を取材したいですね。東京の人はどんなことを考え、実際に行動されているのか。そうした部分をロシアや海外の人にも発信できたらいいなと思っています。

––– アシヤさんのお話を聞いていると、日頃から海外の方と接することを意識した心がけが大切なのではないかと感じます。

そうですね。日本人であっても、自分の生活圏内や観光地について意外と知らないことは多いと思います。自分の身の周りに何がどこにあるかを知っておくことで、受け答えができますからね。普段から困っている人を助けてあげるとか、ちょっとした心がけをしておくといいのではないでしょうか。

––– 準備がないと、いざ海外の人に質問された時に固まってしまいますよね。

そうですね。以前私も街中で日本の方に道を聞こうとして、すごく困惑されてしまったことがありました。
言葉の壁があるかと思いますが、外国語をもうちょっと勉強してほしいとは感じています。いえ、勉強されている方も多いのですが、結局「私はしゃべれないから……」となってしまうんです。でも、多くの場合はシャイなだけなので「できる!」って自信を持ってもらえたら。英語に限らず、他の言語でもいいですから、どんどん海外の言葉を扱っていってほしいと思います。

––– アシヤさんは、この先はどんなことをしていきたいですか?

府中郷土の森にある鳥居で撮影したアシヤさん
府中郷土の森を訪れた際に撮影した1枚 写真提供:ASHIYA

もっと日本中のいろんなところ、それも観光客があまり行かないようなところに行ってみたいです。そういう場所は、日頃からインターネットではなく、自分で地図を見ながら調べているんです。

あとは、もっとロシアのことを知ってもらいたいです。ワールドカップがあったことで、今まで取り上げられなかったロシアの情報を目にすることがすごく嬉しくて。でもまだまだ紹介したいことはたくさんあります。ロシアはフィギュアスケートやバレエ、芸術面も盛んですし、美しい場所もいっぱいあります。日本人が抱いているロシアに対するイメージを変えていきたいですし、ロシアのことを好きになってもらいたいですね。