スペシャルインタビュー

ASHIYA(アシヤ)さん

東京在住のロシア人アシヤさん

ASHIYAアシヤ

東京都在住のロシア人。2012年にYouTubeで日本の観光名所やロシア文化、言語などを紹介する動画をアップすると大人気コンテンツに。独特の視点とユーモアのある編集、流暢な日本語を操る姿にはファンも多い。その他、仕事やプライベートで東京都を中心に関東近郊の観光案内をすることも。テレビ番組への出演歴も多数。
YouTube
https://www.youtube.com/user/fujiashiy

第1回
日本人が知らなかった日本のことを伝える

––– アシヤさんは、いつ来日されたんですか?また、何かきっかけがあったのでしょうか?

6年以上前のことですね。
日本には高校生の頃からずっと行きたいと思っていました。初めは、大人になってから日本関連の仕事に就けば行けると考えていたのですが、実際はもっと簡単で、語学を学びに日本語学校に留学することでもいいんだと知って、それで日本に来ることにしました。

––– では、どうして日本に興味を持ったのでしょうか?

子供の頃から、セーラームーンやポケモンなど、日本のアニメが流行っていたのですが、そうした日本の文化が好きな友達の影響を受けたことがきっかけです。

––– 日本語を勉強しながら、その後はどうしようと思ったのですか?

ロシアに住んでいた頃から日本で仕事をしたいと思っていましたが、まずは日本に来てみないと分からないだろうなと。日本に来ている外国の方のブログや本などを読んでいた印象では、外国人を受け入れないような性格なのかなという偏見も少しはあったのですが、実際には全く違いました。

来日当時のことを語るアシヤさん

––– 周囲の人の接し方はいかがでしたか?

みんな優しかったですね。例えば、ロシアではスーパーの店員さんや、お医者さんとかに怒られることがあるんです。お釣りがないから小銭を持っていないかとか、ちゃんと服を着ていないから風邪を引いたんじゃないかとか(笑)。日本ではそんなことはありませんよね。

––– そんなことがあるんですね(笑)

もちろん、いつも怒られるわけじゃないですよ(笑)。でも、カフェでドリンクをこぼしてしまったときのスタッフの対応には驚きました。半分以上を床にこぼしてしまったのに、丁寧に拭いてくれて、そのうえ新しいドリンクをタダで持って来てくれました。日本では、誤って食器を割ってしまってもお金を請求されないですよね? ロシアには食器を割るといくらという弁償額がメニューに書いてあるんです。それがないことも優しいなって(笑)

––– 日本に来て困ったことや疑問に感じたことはありますか?

トイレにボタンが多すぎ(笑)。どこで流すんだろう? と探しちゃうときもあります。ロシアでは温水洗浄便座があまり普及していないので、ロシア人の観光案内をしているときに聞かれることもありますね。

––– アシヤさんは、YouTube以外にも観光案内のお仕事をされていると聞きましたが、実際にどんなところを案内されるのでしょうか?

浅草や新宿、原宿、渋谷はよく案内します。東京はたくさん歩くので、慣れないと大変かもしれないですね。「こんなに歩くの?」、「電車にこんなに乗るの?」って聞かれます。

––– その際、路線バスも利用されますか?

バスでしか行けないところ以外はそれほど利用しませんね。自分自身、バス停を探すときには迷うことがあります。時間はインターネットでも調べられますが、乗り場を見つけるのがすごく難しい。もちろん、英語の表記もあるのですが、人気のスポット以外の場所に向かう路線でも、もっと外国人向けにわかりやすくなるといいなとは思いますね。

––– YouTubeはいつから始めたんですか?

4、5年前ですね。日本に来て早い段階から始めました。最初は趣味の一つとしてやっていましたし、今でも仕事の一つとして続けています。

––– どうして動画を使って日本を紹介しようと思ったのでしょうか?

YouTubeを見ることは以前から好きでしたが、ロシアにいた頃は、日本から情報を発信している人は少なかったんです。なので、自分が行きたい場所や日本の日常を発信するのはどうかと思ったんです。

アシヤさんが高尾山を訪れたときに撮影した梅の写真
高尾山を訪れた際に撮影した1枚 写真提供:ASHIYA

でも、実際に始めてみると誰に向けて発信しようか迷いました。外国人の方で、日本のことを海外に発信している人は多かったので、逆に、外国人の目線で日本人に向けたものを発信しようと考えました。それをしている人はあまりいなかったですし、日本のことをきちんと理解しながらできたら面白いだろうなと。

––– 普段からどんなことを意識して制作されているんですか?

観光地であっても、あまり知られていないようなところを伝えたいと思っています。
大人気の観光スポットにも行きますが、そのような場所というのは訪日外国人にとってもスタンダードなものになっているように感じます。
インターネットの発達で、情報も充分にあるのであまり知られていない場所のほうが興味深いし、新しい発見ができると思います。
例えば、動画で紹介した中で、富士山と五重塔が一緒に見られる山梨の新倉山浅間公園や川崎の生田緑地バラ苑は日本人にはあまり知られていませんが、外国人からは人気があります。
逆に埼玉の三峰神社というところは、まだ外国人にもあまり知られていませんが、これから人気が出そうな場所だと思います。

また先日、長野県の名産の「おやき」を紹介した動画を作ったのですが、聞いたことがないとか、食べたことがないという日本人の方もいて驚きました。
「日本にもこんなものがあるんだ」とか「知らなかった」と言ってもらえるとやりがいを感じますし、ちょっと嬉しいですよね。地方のものであっても東京で見つけられることがありますし、面白い商品や変わったものを発信すると日本の方から多くの反応をいただけます。そうやって日本人に何かを伝えてあげられることも、動画を作っていく上で面白いと感じているところです。

––– 意外と自分の国の知らない一面というのは多いですよね。

はい。だからこそ、観光地や面白いものを紹介したりして、視聴者の皆さんとコミュニケーションを取りながら作っていくことの魅力もすごく感じています。

日本人の知らない日本魅力を説明するアシヤさん