スペシャルインタビュー

一般社団法人PLAYERS
タキザワケイタさん

一般社団法人PLAYERS タキザワケイタさん

タキザワケイタKeita Takizawa

一般社団法人PLAYERS(プレイヤーズ)の主宰。
広告代理店に勤めながら社会や企業が抱えるさまざまな課題解決に向けてワークショップを実践している。
「やさしさからやさしさが生まれる社会」の実現のために、身体的な不安や困難を抱えている人とボランティアの方をマッチングするサービスなどを提供している。
多数のメディアに出演、生み出したサービスでさまざまな賞を受賞し、現在も最新のテクノロジーを活用しながらボランティア活動を行っている。

第1回
障がいがある方と一緒に考えることで解決できることがある

––– タキザワさんがボランティアに興味を持ったきっかけを教えてください。

妻が妊娠中に切迫流産になり、病院に行ったのですが帰りの電車で帰宅ラッシュに被って座れなかったんです。妻は安静にしなければならないので、座らせたかったんですけれども。
でも電車乗換のときにサラリーマンの方が席を譲ってくれて、それがすごくありがたかったんですよね。でも、思い返すと自分は妻が妊娠して初めてマタニティマークや妊娠初期が辛いといったことを知って、これまで妊婦さんに席を譲ることをしていなかったなって気づいてショックを受けたんです。それが始まりで妊婦さん向けに何かできないかと思い、スマートフォンアプリで電車の席を譲ってもいいよ、と教えてくれるアプリを開発しました。それがPLAYERSとしての第一歩ですね。

––– 妊婦さんがアプリを通してお願いする、ということでしょうか?

妊婦さんがアプリを使うと周囲のサポーターに「近くにいます」という通知が届き、手助けができるサポーターは、「席を譲りますよ」という通知を妊婦さんに届けます。このアプリがきっかけでGoogleからも賞をいただきました。賞をいただいたことで話題になり、他の妊婦さんからも使いたいという声を多くいただきました。それと同じように高齢者とか障がい者向けにも展開してほしいといった声もあり「&HAND」(アンドハンド)というサービスが生まれました。
このサービスによって、身体的な不安や困難を抱えた人・手助けをしたい人をマッチングし、障がい者の方が困ったときにアプリを利用してもらえれば近くにいるサポーターに通知がいき、手助けができるようになっています。

妊婦さんが助けを求める際に使用する「Smart Maternity Mark」
&HAND(アンドハンド)「Smart Maternity Mark」

––– PLAYERSは具体的にはどのようなボランティア活動をしているんですか?

PLAYERSは「一緒になってワクワクし、世の中の問題に立ち向かう」というヴィジョンのもとに、障がいをもっている当事者とアイデアを出し合い、社会実装をするために実証実験を行いながら様々なボランティア活動をしています。
現在、30名くらいのメンバーがいて、それぞれの得意分野で力を発揮してもらい、いろんなことにチャレンジしながら本当にやりたいこと、社会に対して貢献できること、仕事ではできないことをPLAYERSで体験してもらっています。
障がいを持っている方たちがメンバーにいるので、一緒にアイデアやコンセプトを出しあってディスカッションをし,そこで課題となったことを直接ボランティアにつなげ、企業と協力しながらボランティア活動の実証実験を行うわけです。
たとえば、今は日本ケアフィット共育機構というサービス介助士の資格を普及している団体と一緒に連携してボランティア活動をやっています。サービス介助士の資格を持たれている方たちなので、スキルが元々高いんですね。資格を持っている方が支援してくれる環境で実証実験を行い、より良いサービスへつなげていっています。
人と直接触れ合うので、自分が役に立っているという実感を得られるのがPLAYERSのいいところだと思います。

PLAYERSのボランティア活動を説明するタキザワさん

––– ブラインドサッカーでのボランティア活動もしていたと聞きました。

2019年3月に日本ケアフィット共育機構と一緒におこなったボランティア活動ですね。
障がいのある方とボランティアの方をキーホルダー型デバイスでマッチングして、イベント会場における道案内や買い物など、必要な時に効果的にサポートができるか?という実証実験を兼ねた活動を行いました。
その際にボランティアした視覚障害者の方に「一人で来ても楽しめた」と言っていただき、今後もこのサポートがあれば、他のイベントも積極的に行きたいともおっしゃってくださいました。
でも、実際にやってみてわかったのが、障がいがあるからそういった場に行けないし、諦めてしまう方が多くいるということです。今後はそういった方たちが不自由なく楽しめる出会い、外に出かけられるようなきっかけも作っていきたいと思っています。

日本ケアフィット共育機構と一緒におこなったボランティア活動の際の写真
日本ケアフィット共育機構と一緒におこなったボランティア活動の様子 写真提供:一般社団法人PLAYERS